FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2011.09.04 (Sun)

最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その16

術後1週間から2週間・・・

元の病室に戻り、いつもどおり朝6時に起床して、夜9時に就寝という規則正しい生活になり、気持ちもだいぶのんびりしてきました。食欲も旺盛になってきました。

術後1週間くらいの日に、いよいよ抜糸することになりました。少し痛いのかなと心配していましたが、実際は全く痛みもなく、あっという間に終わりました。
抜糸した後は、わりと幅の細い絆創膏のようなものを傷に対して直角になるように、上から下までビッチリと貼ってくれました。このように、傷がなるべく開かないようにしておくことにより、後で傷口が目立たなくなるそうです。

胸元ということで、しかも私もまだ21歳だったので先生方も神経を使ってくださったのでしょう。お陰様で22年たった今では傷跡はそんなに目立ちません。つなぎ目の針金を止めたところがちょっとボコボコしていますがあまり気になりません。

そうそう、体内の針金の事でちょっと思い出した事がありました。
後年になってから「ギックリ腰」になり、他の病院にかかったのですが、念の為MRIを撮影しようという話が出た時に、この胸腺腫の手術で胸に針金が入っている事を申告したら、MRIは出来ないということがわかりました。
後から主治医の先生に聞いてみましたらば、やはり私の場合はダメなようです。現在は手術の材料も進化してきていて、MRIが大丈夫なケースも多いかと思いますが、私の場合は20年以上前だったので、仕方ないのでしょう。

でも、もしこれから同様の手術を受ける予定がある場合は、念の為にその点も主治医の先生に確認して記録にとっておくと良いかもしれないです。知らないでMRIを受けてしまったら大変ですから・・・。

そんな感じで、術後1~2週間は熱も出ず、点滴も順調に外れて、右胸の下部の違和感以外は極めて順調な経過をたどっていました。




最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その15
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その14
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その13
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その12
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その11
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その10
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その9
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その8
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その7
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その6
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その5
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その4
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その3
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その2
最初の入院(縦隔腫瘍・胸腺腫)と診断されて その1


10:50  |  悪性リンパ腫  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kumileo.blog63.fc2.com/tb.php/30-cbd3ecb9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |