07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.07.28 (Fri)

保守

更新の無いブログに表示されてしまう広告を消すため
00:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2014.06.02 (Mon)

セリアック病関連の記事の紹介

EU発!Breaking News】小麦粉食品NGの人が急増! 英国で約50万人がセリアック病

先日、ニュースを読んでいたら上記の記事を発見しました。

イギリスでもセリアック病の認知度が上がっているようですね。

私が2006年頃にセリアック病の情報を求めて検索しても、数百件しかヒットしませんでしたが、今は5万件近くヒットするようになりました。
それだけ、日本でも認知度があがってきたのでしょうね。

小麦を使ったお菓子やお料理は美味しいものが多いので、除去するのは本当に辛いです。でも、それ以上にグルテンを除去することによって体調が良くなることの喜びが、私にとっては大きかったです。特にアトピー性皮膚炎や胃腸の不調などなど、本当楽になりました。

実をいうと、最近は少しずつ小麦も含めていろいろ食べてみたりしています。少し湿疹が出たりお腹がゴロゴロしたりすることもありますが、以前ほどは激しい症状は出なくなったかも。
ただし、時々はお米のお粥を食べるなどして、胃腸をいたわるようにしています。

セリアック病は、私が罹患した悪性リンパ腫(ホジキン病)とも関連があるらしいので、もしかしたら食生活をグルテンフリーにしたりして注意すれば、私のような大変な目に遭わなくてもよくなるかもしれません。

医食同源という言葉が本当に身にしみる今日この頃です。(若い頃はこんなこと考えなかったもんなあ。。。)


11:00  |  セリアック病  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.05.02 (Fri)

結核に御用心

最近、気温の変化が激しいですね。私は、この時期が苦手で、ちょっと油断するとすぐに風邪をひいてしまいます。
(今日も実は風邪でダウンしておりました。とても良いお天気だったのに。。。)

さて、風邪とはいっても、2週間以上続く咳などの症状は気をつけた方が良いかもしれません。

今回は、私が結核に感染してしまった時のことを書いてみようと思います。

1999(平成11)年の夏にホジキン病の治療が一段落して、その秋にしつこい咳とだるさに悩んでいました。
勤務先が小さな診療所だったので、院長先生に相談したところ、念のため「ツベルクリン反応」の検査をやってくれることになりました。

11月22日(月曜日)午後2時30分にツベルクリン接種
11月24日(水曜日)午後3時30分 判定 発赤の長径が10mm以上だったので 弱陽性
ということで、様子をみることになりました。

その後、風邪を引くたびに長引いて、血の混じった痰が出ることがしばしばありました。夕方になると微熱が毎日のように出ていました。

2001(平成13)年8月 職場にて結核で緊急入院する方が発生しました。
急遽、従業員全員も検査を受けることになりました。

その頃、ちょうど私も咳や痰がひどかったので、呼吸器専門の先生に検査してもらいました。
胸部エックス線の画像は、前回と変わらず、陰はあるけれど胸腺腫の治療跡でしょうとのこと。
血痰が出ていたのですが、喀痰の検査では、結核菌は見つからず大丈夫とのこと。
9月3日(月曜日)午後6時 ツベルクリン接種
9月5日(水曜日)午後6時 判定  28mmX22mm 二重発赤あり  強陽性とのこと。
 
先生は「これは最近感染した可能性が高いので、化学療法を勧めます。INH(イスコチン)を6ヶ月内服しましょう。定期的に肝機能も検査します。」とのことでした。
本来は、保健所に届けると治療費が公費負担になるらしいのですが、勤務先の先生と相談して自分で支払うことになりました。(そんなに高い薬ではなかったです。)

最初イスコチンは一日300mg内服していたのですが、最初の血液検査の後で先生が自宅に電話をくださり「肝機能の数値が悪くなったので、一日200mgにして内服してください。そのかわり7ヶ月内服しましょう。」ということになりました。

このイスコチンを内服してから、咳がピタッと止まり、痰も出なくなりました。
もう少し治療が遅れていたら、大変なことになっていたでしょう。おそらく隔離病棟に入らなくてはいけなくなるでしょうし、家や職場に保健所が入ることになったことでしょう。

結核というと、昭和初期の病気のようなイメージがありますが、いまでも相当な数の感染者が日本にもいるそうです。
2012年には日本で21283人の結核患者が登録されていたそうです。決して少なくないと思います。

最近の傾向として、中途半端な薬の飲み方をしたために抗結核薬が効かないタイプの結核が出てきているようです。これは非常に怖いです。なので、内服を始めたら辛くてもきちんと最後まで内服して欲しいです。

あと、結核菌はしぶとくて、咳などの飛沫でとびちると、乾燥に強いのでホコリなどに付着してフワフワと漂い、それを吸引すると感染してしまうそうです。カラオケボックスなどの換気の悪い乾燥した場所は危険らしいのです。

それにしても、何故私はやっかいな病気にばっかりかかってしまうのだろうと、その当時は悩みましたが、今考えると「セリアック病」が悪さをしていた可能性も十分あるような気がします。
セリアック病のせいで小腸がダメージを受けていたので、免疫力が下がってしまい、結核に感染してしまったのではないかと。まあ、抗がん剤や放射線治療の影響もあるかもしれませんが。

なにはともあれ、腸を健康に保つことは大事だと思いますね。



20:07  |  社会問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.04.05 (Sat)

悪性リンパ種(ホジキン病)との日々 その5 (1997)平成10年

1997(平成10)年10月11日(日曜日)  晴れ  再入院 5日目  (自宅にて)

この日も朝4時半に目が覚めてしまいました。洗濯や身の回りの雑用を済ませ、朝食をとってから愛犬レオ君と一緒にくつろいだりしました。(入院中とっても会いたかったのです。実に癒されました。)

入院してから、体温や脈拍などを記録しなくてはいけなかったので、自宅でも測定していました。
この日も37.2度Cの微熱があり、脈拍も一分間に100回くらいありました。これは10年くらい前からずっとこんな感じでしたので「体質なのかな?」と諦めていました。湿疹も全身にひろがっていましたので、炎症のせいで熱が高かったのかもしれません。いずれにせよ、とても疲れやすかったです。

翌日に皮膚科の先生の診察があると知らされていたので、今までの経緯をまとめたものを書いてみたりしました。

その後、足りない物を買いに行ったり、昨夜書いた手紙の投函をしたりしました。

昼食に母が作ってくれた鍋焼きうどんを食べながら、テレビを見たりしました。母との会話は悲壮感もなく、ごく普通の感じでした。犬のレオ君だけが、なんとなく神妙な顔をして様子がいつもと違う感じでした。

夜には病院に帰らなくてはいけないため、午後は少し忙しかったです。
アイロンかけをしたり、早めの入浴と夕食を済ませました。夕食は、母が焼き肉を作ってくれました。おそらく体力をつけさせてくれようと思ったのでしょうね。実際、少し元気が出たような気がしました。

「じゃあ、また行ってくるね。」と、淡々と家族に挨拶をすませ、夕方の五時過ぎに、自宅の近くから大学病院の近くまでの直通バスがでているので、それに乗って病院へ戻りました。

病室へ戻ると、不思議なことになんとなくホッとしたような感じになりました。自分の居場所に帰ってきた感じというか。。。変ですけどね。

こんな感じで、最初の外泊が終わり、ハードな日々が始まるのでした。


*悪性腫瘍の治療中は、とにかく感染症が怖いです。本来の病気そのものより感染症で参らないためにも、是非マスクうがい手洗いなどがんばりましょう。



18:00  |  悪性リンパ腫  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2014.03.29 (Sat)

はっぴぃ市に行ってきました。

少し前の3月14日(金曜日)に、広告などで前から気になっていた「はっぴぃ市」に行ってきました。

「はっぴぃ市」はハンディキャップのある方々が自立支援サービスを受けながら作った手芸作品や農作物、喫茶店でのお料理などを一ヶ月に一回のペースで提供してくれる場で、どなたでも行くことができます。

その日はあいにくの雨でしたが、皆様とても一生懸命で、とても気持ちよくお買い物をさせていただきました。

IMG_1181.jpg
こんなに可愛らしいポーチがなんと¥200。思わず二つ買ってしまいました。

IMG_1182.jpg
この保険証入れも¥500弱でした。とても丁寧な作りですばらしいです。

IMG_1183.jpg
このバッグも、内ポケットがついていて、とても素敵です。これも¥500弱でした。(正確なお値段を忘れてしまい申し訳ございません。)

あとはお野菜を少し買って帰りました。里芋もさっそくその日の夕飯にイカと一緒に煮ましたら、とっても美味しかったです。今度は喫茶店のほうでお食事もしてみたいと思いました。

頑張っている皆様から元気をもらって、帰ってきたのでした。

この次の「はっぴぃ市」は平成26年4月18日(金曜日)
午前10時半から午後1時まで(雨天決行)だそうです。

場所:水戸市笠原町1370−1 「喫茶アンソレイユ」の前庭

お問い合わせ先:自立支援事業所ひだまり  TEL 029-243-3601

とても素敵な企画ですので、是非行ってみてくださいませ。


大きな地図で見る



21:28  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT